トップ / 内蔵HDD /

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

FAQ | HDDに関するよくある質問と答え

Q.古いHDDにデータを入れたままにした場合、長期保存は可能ですか? 放置(無通電)していてもデータは保持されますか?

回答はこちら
A.
HDDは書き込まれたデータを保持するために電力を必要としない磁気記録なので、
磁場の発生する場所を避けてHDDを保管することで長期間のデータ保管が可能です。
しかし、HDDはメカ部品とエレキ部品等で構成されているので、書き込まれたデータを読み出すためには、
HDDが正常に稼働するように保管方法に注意する必要があり、とても重要なポイントとなります。

保管場所として避ける必要のある場所は、
1. 磁場の発生する場所
2. 温度変化の激しい場所
3. 湿度の高い場所

保管するときに注意するポイント
1. 振動や衝撃を加えること
2. 静電気

Q.HDDを保管しているときに、どのような作業をすればデータの保持を維持(延命)できますか?

回答はこちら
A.
フラッシュメモリで構成されたSSDはデータを保持するために電力を必要とします。
ですので、定期的にSSDに電源を入れることでリフレッシュしデータ保持の維持が可能となりますが、
HDDは磁気記録でデータを保持するため、HDDの通電とデータ保全と直接関係はありません。
通電はHDD製品の稼働負荷と関係します。

HDD内のデータ保持を維持するためにはHDDの保管環境に注意をはらい、
磁場の発生する場所を避けること、振動・衝撃を避けること、
温度変化の激しい場所や湿度の高い場所を避けること、静電気を避けて保管すること等があげられます。

Q.HDDはどのぐらいの寿命期間があるといえますか?作業や使い方により変わることは理解しますが、大体の期間の目安はありますか?

回答はこちら
A.
WD製品は製品毎に想定される使い方を考慮して各種ラインナップを用意しているため、製品毎に寿命期間は変わります。

WD Blue / Green / Black:

1日8時間、週5日の通電および稼働で、設定された製品保証期間内は問題なく動作することを想定しています。

WD AV:

1日24時間の通電および8時間の稼働で設定された製品保証期間内は問題なく動作することを想定しています。

WD Red / Purple:

1日24時間通電および90TB/yearの使用頻度で設定された製品保証期間内は問題なく動作することを想定しています。

各製品の保証期間

WD Green: 2年保証
WD Black: 5年保証
WD Red: 3年保証
WD Purple: 3年保証
WD Blue: 2年保証
WD AV-GP: 3年保証

Q.HDDの保管方法としてどのような方法が最適ですか?

回答はこちら
A.
ほこりが無い状態: HDD内部への異物侵入を防ぎます。
静電気が無い状態: HDDはメカ部品だけでなく半導体等を搭載した回路基板もあるため、
静電気障害か
らエレキ部品を守ることができます。
温度・湿度が適切である状態: メカ部、エレキ部品、だけでなくオイル等も使われているため劣化を防ぎます。
磁場の発生する場所をなるべく避けて保管すること: HDD内に保存された磁気データの劣化を防ぎます。
振動・衝撃を受けるリスクの少ないところ: メカ部への影響を低減します。
重要なデータを個人で保存する場合は、最低2か所へデータをバックアップし、
一定期間ごとにメーカーの推奨するツールでドライブの状態を確認いただくことを推奨いたします。
WDではWindows/Mac/DOS用のData LifeGuard を用意しており、
Extended Testを実施することによってメディアスキャンが可能です。
用途や保存状態を考慮してExtended testを適宜実施して頂くことがデータ保全の安心につながる一つの策となります。

Q.SATA端子に挿抜を繰り返した時の耐容回数の目安はありますか?

回答はこちら
A.
SATA端子の挿抜回数は、SATA Rev2.5の規格で最低50回の挿抜に耐えうることが明記されています。
up